トップ

暮らしのリズムを大事に

暮らしの基本の学び

消費税

暮らしの中での切り替え

仕事は、暮らしのためにするものですが、えてして仕事のために生きているような生活に陥りがちです。残業、休日出勤、持ち帰りなどなど24時間会社のことで頭がいっぱいになることも。こうなると、何をなっていても楽しくなくなります。生活の中で、オンとオフの切り替えを行うことは、精神安定上とても必要なことです。そのためには、毎日のリズムで切り替えのクセをつけると有効です。たとえば、通勤の電車の中での読書、帰り道の喫茶店でのコーヒー、夕飯の食材の買い物など。毎日行う行為を意識して気持ちの切り替えスイッチにすると、自然に暮らしにリズムが生まれ、家に帰るとホッとできます。

生きて行く時の仕事とは

仕事は暮らしの中では人間のみならず生きている時はどんなものや人にはなくてはならないものです。それが生活を支えるものとなる場合はでしたらなおの事です。どんな事でもただひたすら頑張って続けていきたいものです。それは生きていくことなのです。生きていくために回り回って途切れないものです。だから赤ちゃんは泣いてミルクを欲しがり、身体が動かせないような人は毎日目を開けることが毎日続けなくてはならない暮らしが仕事のなるのです。みんなそれぞれがやるべきことを自慢をしたり、卑下したりなどしないように生きていくのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 暮らしのリズムを大事に. All rights reserved.